原発の真実~福島原発事故~

福島原発の真実 原発事故 放射能 放射線 水素爆発 水質土壌汚染 プルトニウム ヨウ素 チェルノブイリ 小出裕章 広瀬隆 武田邦彦 後藤正志 山本太郎

福島第一原発4号機 燃料取り出しの課題/サイエンスZERO 

NHK・サイエンスZERO・シリーズ原発事故8から。東京電力・福島第一原発の廃炉作業で、最初の山場となるのが「4号機の使用済み燃料取り出し」。4号機は、水素爆発で建屋が大きく損傷、使用済み燃料を冷やしていた燃料プールがむき出しになっています。建屋に負荷をかけず、高い放射線を出す使用済み燃料をどう取り出すのか? 来年12月の本番に向けて困難な作業に挑む技術開発の現場に迫る

web拍手

福島原発1号機にカメラ 内部は毎時11シーベルト 

福島第一原発の1号機は、最初に建屋で水素爆発が発生しました。東電は核燃料の大半が溶け落ちているとされる格納容器内の水面の映像を初めて公開。今回の調査で最も線量が高かったのは、水面から6メートルほどの場所で、1時間あたり11シーベルトでした。

web拍手