大間原発と活断層/東洋大学 渡辺満久教授

ここは「大間原発と活断層/東洋大学 渡辺満久教授」についてのページです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
スポンサー広告 | コメント(-)

大間原発と活断層/東洋大学 渡辺満久教授 

東洋大学の渡辺満久教授は、大間原発付近に活断層が存在すると指摘する。さらに渡辺教授は、津軽海峡には、東西方向にわたって40km以上の海底活断層があるとの指摘も。国は2007年ごろに、大間原発周辺の地層の審査を始めた際、この付近に活断層はないとし、原発からおよそ200メートルの地層についても、活断層ではなく、「シーム」と呼ばれる粘土質の薄い層と判断、原発の建設を決めた。

web拍手
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。