福島原発1号機にカメラ 内部は毎時11シーベルト

ここは「福島原発1号機にカメラ 内部は毎時11シーベルト」についてのページです

福島原発1号機にカメラ 内部は毎時11シーベルト 

福島第一原発の1号機は、最初に建屋で水素爆発が発生しました。東電は核燃料の大半が溶け落ちているとされる格納容器内の水面の映像を初めて公開。今回の調査で最も線量が高かったのは、水面から6メートルほどの場所で、1時間あたり11シーベルトでした。

web拍手
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する